掃除してました

セールス課での研修が大晦日で終了した。
日系企業への挨拶は結局、計2日、10社ほどしか同行させてもらえなかった。
一番多く日系企業を担当している営業が、先月半ばから有給消化に入ったようで、
それも関係あるかもしれない。
結婚して、今月で仕事も辞めると聞いている。

ちなみに彼は29歳のマレー人男性。
相手は中国人とインド人のハーフだそうだ。
大学卒業後9社ほど様々なホテルを経験してきたという。

セールス課は月金が出勤日だが、
ウエディング担当は土日に働くことも多い。
代休も有給もしっかり取るのが基本姿勢らしく、
毎日ひとりふたりは休んでいた。

決まった仕事がもらえない分、自分でできることを探した。
前職が事務員だったので、何となく要領は分かる。
とにかく整理整頓や掃除に関心が薄い人ばかりだった。
これ幸いと片づけに励んだ。

事務所の改装工事があり、一時的に会議室へ引っ越しをした。
日本ではあり得ないと思う適当さを思い知った。

営業用のパンフレットを混ぜてしまう。
会議室や客室の資料、ウェディングのパッケージなど全部で10種ほどの
印刷物をランダムに重ねて置く。
必要な時に必要なものがすぐ取り出せないかもしれない、とは考えないのだろうか?

ゴミの始末がいい加減。
ホチキスの芯、輪ゴム、クリップ、食べ物が入っていたと思われる空のタッパー。
いつのものか分からないメモ、ビニール袋などなど。
そんなものが机の下にごろごろしていた。
誰も気にしない。

コピー用紙とカラー用紙を混ぜて置く。
しまいにはレターヘッドもミックス。
後で使うときのことなんて想像しないのだろう。

同じものをバラバラの場所に保管する。
在庫が把握できないではないか?

そもそも、移転作業があるなら前もって準備すれば良いのに、
直前になって一気に行うから余裕がない。
工事が始まってからも、残った荷物を取りに行くことになった。

紙の資料を床に直置き。
その上に散らばる電気のコードやガムテープのくず。
なるほど、ネットや電気系統の工事で出たゴミが降らせてあるのか。

そんなmessyに誰も驚くこともない。
違う文化の国に来たのだなと、改めて思ったのでした。






058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
[PR]

by intern51 | 2013-01-01 23:14