3週目の迷い

昨日でめでたく3週が経過した。
まだ電話もチェックインも一人で任されてはいない。
後から入ってきた新しい社員は、もうとっくに先を歩いている。

上司と話してみたいと思う。
日本人ゲストの多くはビジネスマンで、英語に問題がない。
つまり、私がここにいる意味はあまりない。

リゾートやKLにあるホテルならば、状況は違っただろう。
観光目的で英語が不得意。
滞在が長期で要望が多い。
そういうゲストにこそ、私は向いている。

日本人専用のスタッフになる必要はない。
どの国のゲストにも対応できるようになりたい。

ビザの期限は3月。
延長を申請すると言ってもらえたけれど、私はここにいるべきなんだろうか?

5ヶ月あれば大まかな仕事は覚えられるだろう。
その先に何があるんだろう。
せかせかキリキリしない、大らかな職場だ。生活ものんびり、不足していることはない。

けれど楽な立場、しめつけのない環境はすぐに退屈になってしまう。
それどころか不安で、まるで怠惰に思えてきそうだ。

はてさてどうしたものか。
などという心配は仕事を覚えてからすべきだろう。
[PR]

# by intern51 | 2012-11-15 10:40

インターン仲間

20歳の女の子が同じ職場にいる。ホテルについて学んでいる大学生で、中国系。

ユニフォームの胸元からネックレスが見える。ピンクや青のゴム製バンドを腕につけている。私服はTシャツにショートパンツにビーサン。行き帰りは親が車で迎えに来ているらしい。
客室は388。スタッフは300。トレイニーは20人ほどで、うち外国から来ているのは3人だとか。
トレイニーは色んな部門に回される。ハウスキーピング、エグゼクティブフロア、リザベーション、レセプション、バンケット←宴会や会議の会場運営、販促、などなど。
同じ部門にトレイニーが複数在籍することもある。オペレータールーム←電話交換部門は、新規採用の社員の登竜門でもあるようだ。

7つも年下なのに、彼女に頼ることが多い。中国人のファーストネームが区別できなかったり、仕事内容を確認したり。

まだかなりの部分、彼女の英語が聞き取れない。どうも中国系の人の英語は私には難しいようだ。

私はゲストじゃない。働きに来たのだ。忘れないように、ときどき言い聞かせている。
[PR]

# by intern51 | 2012-11-09 09:28

はじめの1週間

オペレータールームから研修が始まった。
館内のゲスト、外部のお客様(予約や問い合わせ)、関係業者などからの電話を交換するのが業務。

マレー人のゲストはマレー語で話しかけてきたり、インド人のゲストはインド人のオペレーターを希望したりする。

顔が見えない分、コミュニケーションが難しそうだ。
今日はやっと電話を取らせてもらえるようだから、耳を澄まして聞き取りたい。
[PR]

# by intern51 | 2012-11-03 08:20

日本びいき?

近くのシッピングモールのホームページ(ジャスコや伊勢丹、麺屋武蔵、和民などなど日本の店が多数ある)
洗濯ネット、植物物語、コアラのマーチ、インスタント味噌汁。少し高めですがだいたい何でも買えます。
b0286554_8175511.jpg
食堂のごはん
マレー料理は辛いです。チキンのカレーと、魚の出汁のスープが多い。
かわいい色でも激辛なことがあるので注意。
ヤムイモとココナツミルクのアイスが美味しかった。(既製品)
b0286554_8175682.jpg

[PR]

# by intern51 | 2012-11-03 08:11

ホテルの写真

b0286554_128792.jpg

b0286554_128818.jpg

[PR]

# by intern51 | 2012-10-26 12:09